骨董品を高く売るコツとは?高値買取業者の比較ランキング

骨董品買取業者選びのコツとは?!押さえておきたい3つのポイントを紹介します!
家の中に眠っている骨董品。業者へ買取依頼をしたい人も多いと思います。買取を依頼する際に、まず気になるのが「どこで売れば良いのか?」ではないでしょうか。おそらく近所を探せば買取業者は、いくつか見つかると思います。ただ、知りたいのは「どこで売れば最も高く売れるか?」ですよね。

骨董品には、いろいろな付加価値が付いてくる物も多く、想像を遥かに超える高額で買取を行ってくれる業者も少なくはありません。一般の人には骨董品の価値は分かりませんが、買取業者に勤務している鑑定士に掛かれば一発でその価値を見抜いてくれます!

ただし、気を付けなければならないのは「鑑定士にも差がある」という点です。当たり前の話ですが、どんなジャンルにおいても個人差が生じます。例えばプロスポーツ選手であっても、日本代表に選ばれるような人もいれば、選ばれない人もいます。この差を見分けることは簡単なことではありません。

このサイトでは、簡単に見極めるポイントとして「鑑定歴」「鑑定件数」「精通ジャンル」の3つを推奨しています。このポイントに基づいて数多くある骨董品買取業者を比較し、ランキング形式でご紹介しています。是非、参考にしてみてください。

骨董品買取業者ランキング

本郷美術骨董館
27人の鑑定士が得意ジャンルを的確に鑑定!実績・信頼度共にNo.1!
本郷美術骨董館は、創業より130万件以上の鑑定実績を誇ります。骨董品買取におけるジャンルの多さがこの実績に繋がったと言えるでしょう。本郷美術骨董館では、絵画や美術品、アンティーク品などオールジャンルに対応しています。

オールジャンルに対応出来るのは、27人もの鑑定士が在籍しているからと言えます。それぞれ得意なジャンルを持つ鑑定士が、持ち込まれた骨董品に応じて鑑定を行いますので、安心して買取依頼を出来る業者と言えます。

最近では、メディアへの露出も増え、鑑定精度が更に高まったと言われています。鑑定方法についても持ち込みだけではなく、宅配鑑定や出張鑑定にも対応しており、日本全国からの買取を受け付けています。出張料は無料!鑑定相談にも対応しており、気になる骨董品があれば、まずは鑑定をお願いしてみましょう!
鑑定歴
40年以上
鑑定件数
130万件以上
精通ジャンル
オールジャンル
ポイント
帝国バンク調査にて実績No.1、メディア取材多数、27人の鑑定士。
思文閣
創業80年!確かな実績が確実な鑑定に繋がっています!
思文閣は、昭和12年に創業以来80年以上もの間、骨董品の買取を行っています。その実績は、国内トップクラス。長きに渡り選ばれるには確かな理由があります。思文閣は、確かな審美眼を持った鑑定士による鑑定が行われる為、安心して骨董品の買取を依頼出来ます。

買取の方法も現金買取だけではなく、美術品の愛好家のみが集まる入札会への出品も可能な他、品筋から買取り方法を提案することも可能です。この方法については、ホームページ上から簡単なアンケートに答えるだけで結果を確認することが可能です。

鑑定に関しては、24時間無料で受け付けている為、まずは鑑定の相談だけでも行ってみてはいかがでしょうか。思わぬ掘り出し物が見つかるかもしれませんよ。
鑑定歴
昭和12年から80年以上
鑑定件数
全国約一万の美術・古書の愛好家・研究者との取引
精通ジャンル
絵画、陶器、美術品、書籍
ワンポイント
スマホ対応アプリによる簡単買取
アート買取協会
幅広い情報網に自信あり!特に絵画・美術品の買取がおすすめです!
アート買取協会は、その名の通り、絵画・美術品に特に強みを持っている骨董品買取業者です。作家や作品の価値に精通した鑑定士が、幅広い情報網を駆使して鑑定を行っています。

創業以来15年間美術品の買取に特化した活動を行っており、今では、法人・企業・公官庁のみならず、同業の買取業者からの問い合わせが多くなっているほどです。買取実績は、年間3万件を超え、取扱作家数も国内外で1,200人を超え業界随一を誇ります。

アート買取協会では、他の骨董品買取業者が比較的弱い税務問題の絡むケース(遺品整理・相続、管財人)にも精通しています。遺品整理後にトラブルに巻き込まれるケースも少なくはないので、この点についても非常に安心出来ると言えるでしょう。
鑑定歴
15年以上
鑑定件数
年間3万件以上
精通ジャンル
絵画、陶器、アンティーク品
ワンポイント
遺品整理・相続、管財人に強い!
茶道具みやした
茶道具の買取に絶対の自信有り!専門店として10年以上の実績を誇ります!
茶道具みやしたは、茶道具を専門に取り扱っており、骨董品買取業者の中でも個性的な部類に入ります。ただ、その専門性は折り紙付きで、茶道具のことならまずは、茶道具みやしたへ相談することをおすすめします。

茶道具みやしたは、京都、東京など骨董品買取業者が多い地域において10年以上の実績を誇ります。長年信頼を得ているその背景には、茶道具鑑定会を開催するなど、利用者とアットホームな雰囲気があるからと言えるでしょう。また、茶道具・古美術品の出物を多数掲載したカラーカタログを定期的に配布するなどそのサービス精神は、多方面に広がりを見せています。

鑑定方法は、3種類あり、いずれも無料で鑑定可能です。骨董品の写真をメールで送るだけでも鑑定可能なので、全国どこでも依頼を受け付けています。
鑑定歴
10年以上
鑑定件数
京都、東京の各拠点で多数の実績
精通ジャンル
茶道具、古美術品
ワンポイント
茶道具鑑定会を定期開催
八光堂
高額鑑定で一躍人気となった骨董品買取業者と言えばココ!
八光堂は、創業以来40年以上に渡り、様々なジャンルの骨董品買取を行っています。そんな八光堂は、近年テレビ出演も多くなり益々人気に拍車が掛かっています。そんな八光堂ですが、最も脚光を浴びている事と言えば、他社比較の鑑定結果と言えるでしょう。

八光堂では、特に力を入れている作家がおり、該当品に関しては他社より高額にて買取を行っています。これまでの実績で言うと他社で7万円の鑑定結果だった骨董品が八光堂では、なんと25万円の鑑定結果でした!同じ骨董品で3倍以上の値が付いた事は、同業界にも衝撃を与えました。

もちろん、これは客寄せパンダではなく、珍しくも何ともない事例と言います。八光堂では、他社同様プロの目を持つ鑑定士が何人もいますが、それ以上に「これは!」という骨董品には、トコトン高額で買取る姿勢を持ち合わせています。この姿勢は、同業界においても一目置かれており、大きなおすすめポイントと言えます。
鑑定歴
40年以上
鑑定件数
10万件以上
精通ジャンル
現代美術、絵画、陶器、中国骨董
ポイント
全国無料出張査定、高額買取!

よく読まれている記事

少しでも高く!骨董品買取の前にやっておきたいこと!

少しでも高く売る為には、骨董品買取を依頼する前にやっておくべきことがいくつかあるのでご紹介したいと思います。まずは、「少しでも良い保存状況を確保する」ということになります。これは骨董品を保管する上で最も重要な点と言えます。同じ骨董品でも色あせやサビなどがあると著しく買取価格が下がります。出来れば湿度や埃から守ってくれる防塵庫に保管しておくと良いでしょう。

次に重点を置いてほしいのが「付属品を揃えておく」ということです。身近な例で言うと、ゲーム機をリサイクルショップに売る際は、本体だけで売るよりも、ケースや説明書などの付属品があった方が高く売れます。これは骨董品にも言えることで、美術品であれば額であったり、壺や茶器などは、収納ケースなどがあるとかなり査定額が上乗せされます。

もう1点。それは買取を依頼する時期です。同じ骨董品においても買取時期によって、価格が異なります。単純に経過年数が長いから高いとは限りません。その時に旬のジャンルが存在しています。骨董品買取業者も趣味で買取を行うわけではなく、買取後に売却まで行います。ですから流行りに乗っている骨董品を求めているのです。

最後に、これは逆効果!というのが「骨董品を掃除する」と言うことです。確かに埃やサビが無い方が高く買取を依頼出来るのですが、掃除したことによってキズを付けてしまったり、場合によっては、破損してしまう可能性もあります。重要なのは、現状維持ですから、無理に掃除をする必要はないということです。

骨董品の場合、購入時には売却を考える人は少ない為、収納ケースなどの付属品を取っておくことは少ないと思います。また、防塵庫などに保管しておくことも稀でしょう。ただ、このサイトに訪問した以上、骨董品買取の前にやっておくべき事は、ご理解いただけたと思います。出来ることだけで良いので、事前準備を整えて骨董品の買取を依頼しましょう。

骨董品買取であった本当の話!

骨董品買取では、予想を裏切られる結果になることも少なくはありません。有名な骨董商から譲り受けた骨董品を、買取業者に持ち込んだところ、贋作であった!ということや、祖父の遺品を整理していたところ思わぬお宝が見つかった!という話をよく聞きます。これから骨董品買取を利用する前の予備知識として、骨董品買取であった本当の話をご紹介したいと思います。

まずは、損をしてしまった!というお話。父が趣味で集めていた骨董品の数々を遺品整理のタイミングで業者へ買取の依頼を行った。骨董品には、茶器、美術品、アンティーク品が数十点あったが、鑑定士の査定後に4~5のグループに分けられていた。話を聞いてみると、この内2つのグループの美術品は、一点数万円で買取可能との事。それを聞いた依頼人は、その買取業者では処分せず、別の鑑定士の元へ向かったそうです。

美術品は、20点程あった為、少なくとも100万円程度で買取を依頼出来ると思っていたようで、残り3グループの骨董品については、適当に処分してくれとの事だったのですが、これは、鑑定士が仕掛けた罠だったのです。実は、この残りの3グループの内1グループに一点数十万円の値が付く骨董品もあり、合計で数百万円にもなったのだとか。目の前のお金に目がくらんでしまうとこう言った詐欺のような被害にあってしまうこともあるわけです。

では、逆に得をした話。親戚の叔母から、譲り受けて欲しいと依頼があって、自宅に持ち込んだものの飾る場所が無く物置に保管しておいた額入りの絵画。叔母の家には代々飾ってあり、年期が入っていることだけはわかったようですが、価値はわからず雑に扱っていました。やがて叔母も亡くなり、預かっていた絵画の鑑定依頼をしたところ、希少価値の高い絵画とのことで500万円の値が付いたとの事。後から聞いた話では、叔母は、この絵画の価値を知っており、いずれ役に立ててもらいたいという意味を込めて譲ったとか。

さて、このように骨董品は、意外と身近にありますが、知らないと損すること、得する事、どちらも起こり得ます。ただ、誰もが得をしたいと思っている事でしょう。このサイトで紹介している骨董品買取業者なら的確な鑑定をしてくれるので安心して依頼出来ます。是非、参考にしてみてください。

骨董品買取のコツとは?高く売るためのポイント

骨董品買取のコツとは?高く売るためのポイント

倉庫で蔵で物置で見つけた骨董品。
美術品、陶磁器、掛け軸、刀剣など、素人目には価値はわかりませんが、もしかすると高く売れるかもという期待が沸き上がります。
せっかくのお宝発見のチャンスなのだから、少しでも高額で買い取ってもらいたいというのが人の常。
骨董品を高く買い取ってもらうには何かコツがあるのでしょうか?
高く売るためのポイントなどと一緒に解説いたします。

 

高く売るためのポイントは保存状態を良くする

骨董品を高く売るためには、査定してもらう骨董品の保存状態がいいことが大前提です。
どんなに名工の作でも銘のある器でも巨匠の絵画でも、保存状態が悪ければ価値は下落します。

もし家にそのような価値のありそうな骨董品があるなら、常に手入れをして保存状態を良くしておく事がポイントです。
すでに傷んだ状態で発見された場合は、それ以上傷みが進行しないように大切に保管し、速やかに査定に出す事をお勧めします。

長い年月閉め切った蔵や倉庫などは湿気が多くホコリもたまりやすいので、骨董品にとって非常に悪い環境下にあります。
もしそこに何かしまわれているなら早めに取り出して、コンディションを確認することをお勧めします。
特に紙が素材の掛け軸や絵画は温度変化や湿度にきわめて弱いので、あっという間に劣化してしまうという事を覚えておきましょう。

 

付属品を必ずつけることによって価値を上げる

例えば掛け軸や陶器には銘入りの木の箱、茶道具なら収納箱、着物には収納袋、宝飾品には鑑定書など、骨董品にはその品物の出自を証明するための箱や鑑定書などが存在します。
これらの箱がそろっているかいないかで価値は倍以上違う場合があります。
倉庫などで発見される骨董品には箱などがいつの間にかなくなっていたなどのパターンがありますが、もしするとの可能性もあるのでぜひ探してみてください。

ないからといって自作してしまうとかえって価値が下がるので注意しましょう。

 

店舗・出張・宅配買取業者それぞれのメリットデメリット

骨董品を売るためにはまずはどんな買取業者があるのか、メリットとデメリット合わせてご説明します。
少しでも高く売るための参考にしてみてください。

 

・有名チェーン店舗
新聞広告やテレビCMなどで知られている有名フランチャイズ買取店は知名度があり、あらゆるところに店舗があるので骨董に詳しくない人でも入りやすいという敷居の低さがメリットです。
しかし大手ゆえにその地域ごとにスタッフである鑑定士のスキルにバラつきがあり、買取価格も高くなりにくいデメリットがあります。

・小型店舗
個人経営の店舗や小規模な骨董店はそれぞれに得意分野があります。
たとえば美術品専門、刀剣専門、書画専門、茶道具専門など、商材によってはじっくり鑑定してもらい思わぬ高額買取が発生するメリットがあります。
しかし店舗への持ち込みが前提なので、茶碗や持ち運びできる掛け軸程度なら気軽に持ち込めますが、大き目な陶磁器などは運び込む事が難しい事がデメリットです。
また茶道具専門店へ専門外の掛け軸を持ち込んで安く買いたたかれてしまう危険性があるので、店舗の見極めが重要です。

・宅配買取専門タイプ
宅配買取専門タイプは店舗を構えた上で宅配も受け付けている業者と、店舗がなく宅配専門の業者があります。
店舗を構えている業者の場合、店舗維持の費用が掛かるため高額買取はあまり期待できません。
少しでも高額買取をするなら無店舗事務所がおすすめです。

宅配買取業者は自分のタイミングで骨董品を送る事ができて時間短縮が狙える事がメリットです。
しかし梱包が甘かったり、送った後の骨董品の様子を自分の目で見て確認することができないデメリットもあります。
また買取が成立しない場合は返送手数料などもかかるので事前に料金を確認しましょう。

・出張訪問買い取りタイプ
訪問出張買取タイプも宅配買取同様、店舗がある業者と無店舗業者があります。
基本的に電話一本やネット予約で買取査定に来てもらう事が可能なので、配送のための梱包や遠くの店舗に持ち込みするなどの手間が省けるのでメリットが大きいです。

さらに鑑定士が家に来てくれるので、対象の骨董品以外でもついでに気になる骨董品をチェックしてもらう可能性もあります。
実は捨てようと思ったものが思わぬお宝だったケースもあるので頼もしい存在です。
しかし、中には感心しない業者が存在しますので注意が必要です。

 

経験豊富な鑑定士が重要

骨董品の価値を鑑定して買取額を決めるのは各骨董品買取業者の鑑定士です。
業者によって鑑定士の数や得意なジャンル、経験値は異なります。

このサイトのランキングは先述したとおり、「鑑定歴」「鑑定件数」「精通ジャンル」などを比較するポイントとしていますが、鑑定士のスキルに大きく関わる事で、骨董品の価値をしっかり鑑定してもらえるかどうか、すなわち高く買い取ってもらえるかどうかに影響します。

では、骨董品買取業者の鑑定士とはどのような職業なのでしょうか。

骨董品鑑定士と呼ばれることも多い骨董品を鑑定するお仕事ですが、骨董品を鑑定するには「美術鑑定士」の資格が必要です。

ただし、美術鑑定士というのは、資格を取るための学校はなく、試験もありません。そもそも厳密には「資格」という概念ではないのです。

骨董品の鑑定に関しては、資格という基準を作ること自体が極めて難しいという、美術品ならではな面があるため、「美術鑑定士」というのは資格というより「称号」に近いと言えるでしょう。

とどのつまり、極端な言い方にはなりますが、誰でも骨董品鑑定士(美術鑑定士)を名乗ろうと思えば名乗れるのです。

業者によって買取額に大きく差が出たりするのは、この鑑定士の質の違いというのもひとつの要因なのでしょう。

さて、学校も試験も資格もない美術鑑定士には、どのようになるのでしょうか。

美術鑑定士として働いている人から学んだり、長く骨董品の鑑定を行っている人から直接指導してもらう、美術館や画廊、販売店で働きながら知識を得るという方法が多いようです。実際、「学芸員」の資格を持った美術鑑定士も多いようです。

美術鑑定士としていい仕事をするには、骨董品がいつの時代のものなのか、誰によって生み出された作品なのか、どんな素材で作られているのかなど、膨大な量の知識と経験が必須です。さらに、有名作家ではない骨董品でも美術的、歴史的に価値が高いものも多いので、その価値を見極める力もまた知識と経験が必要不可欠と言えるでしょう。

買取を依頼する業者にはどのような鑑定士がいて、どのくらいの鑑定実績があるのかが大事なポイントと言えます。

また、一言で骨董品と言ってもジャンルは様々です。

代表的な骨董品としては、「絵画」「陶磁器」「掛け軸」「彫刻」「茶器(茶道具)」「工芸品」などがあり、さらに「絵画」だけでも「日本画」「洋画」「現代アート」「中国美術」「版画」などに細かく分けることができます。

オールマイティに鑑定ができる鑑定士もいるかもしれませんが、1つ2つのジャンルに特化して深い専門知識と豊富な経験をもっている鑑定士に比べると、個人的にはオールマイティな鑑定士はどこまで信用できるのか少し疑問に思います。

このサイトで紹介している骨董品買取業者のように、専門性に特化しているか、得意分野を持った様々なジャンルの鑑定士が複数名所属しているかのどちらかをおすすめします。

補足として、可能であればどのような鑑定士が所属しているかをチェックするのと同時に、骨董品買取業者の販売ネットワークなども確認できるとなおいいでしょう。

業者ごとにお得意先の販売店や美術品愛好家とのパイプがあったり、国内、海外のコレクターとの繋がりを持っていたりもするので、買取から販売市場まで、売買の流れがしっかりしている業者ほど買取価格も高くなる可能性があります。

 

骨董品の買取りのコツは信用できる買取業者を選ぶ

骨董品を少しでも高く買い取ってもらうコツは信用できる良心的な買取業者を選ぶ事にあります。
世の中、古くから営業している古物商のお店、有名チェーン店の買取業者、宅配専門業者、出張買取専門業者様々なタイプの業者が存在します。

まずはすぐに売らずに持ち込めるものは何店舗かに持ち込むか、出張査定の場合でも何社かで見積もりを出してもらい、じっくり比較するのもおすすめです。
昔ながらの店舗の場合は近隣で口コミ評判を聞いてみることもおすすめです。

骨董品を少しでも高く売るポイントは、

「状態を良く」

「付属品をつけて」

「経験豊富な骨董品鑑定士がいる買取業者を選ぶ」

「良心的な業者に依頼する」

です。
全条件がそろわなくてもできるだけそろえて高く買い取ってもらいましょう。

記事一覧

骨董品を買取してもらうときに最も重要視するポイントが本物かどうかという点です。 骨董品は有名な作品ほど偽物が多 ・・・[続きを読む]
「骨董品」という言葉を聞くだけで、掛け軸や壺や美術品などを思い浮かべる人も多いでしょう。 骨董品の価値は自分で ・・・[続きを読む]
テレビの影響もあるかと思いますが、最近はお年を召した方に対して広がりを見せている若い方の骨董品収集ですね。 お ・・・[続きを読む]
絵を買った、譲り受けた、代々家にある絵画、掛け軸など果たしてこれは良いものだったのか、どれくらいの価値があるも ・・・[続きを読む]
若い方はご存知ないかもしれませんが、以前は家に1台はあったミシン。 カタカタ、ガチャガチャ、お母さんの動かすミ ・・・[続きを読む]
サイト内検索
骨董品買取業者ランキング
本郷美術骨董館
思文閣
アート買取協会
茶道具みやした
八光堂
記事一覧