骨董品を高く売るコツとは?高値買取業者の比較ランキング

骨董品買取りをオールジャンルに対応している業者の特徴

引っ越しに際しての片付けや遺品整理などで出てきた骨董品をできるだけ高値で売却したい場合、骨董品を専門に取り扱っている買取り店に依頼するのが最善の策です。

一口に骨董品と言っても多様なジャンルがあるため、数ある骨董品買取り店の中から自分が売りたい骨董品の鑑定が得意なところを選ぶ必要があります。

ジャンルが違う多数の骨董品を査定してもらいたい場合には、オールジャンルに対応している業者が適しています。

多岐にわたる骨董品のジャンルと買取り店の選び方

骨董品には日本国内の品物に絞っただけでも茶道具や掛け軸・書画・古文書、仏像や壺・刀剣類などがあり、アンティーク時計や人形・西洋絵画、燭台などヨーロッパの骨董品、東洋の大陸文化が生み出した骨董品などもあります。

それらジャンルの一つ一つに長い歴史が秘められていることから、鑑定士は骨董品の背景にある歴史や文化などにも精通している必要があります。

一つの分野を深く掘り下げて鑑定する知識は一朝一夕で身に付くものではなく、長きにわたる調査と学びの蓄積や実際に鑑定を行ってきた実績に裏打ちされて初めて、真の鑑定力が備わってくるものです。

そのため一人の鑑定士が多数のジャンルの骨董品鑑定に長じるのは相当に難しいものがあり、どれほど優秀な鑑定士であっても一つの分野に絞って深い知識を蓄えているか、メインの得意分野と関連するジャンルの骨董品についても学びを深めるといった形でさらなる努力を続けています。

オールジャンルに対応している業者で特徴的なのは、それぞれの得意分野が異なる鑑定士が複数名在籍していることで、すべてのジャンルでの優れた鑑定が可能になっていることです。

様々なジャンルの骨董品が数多くある場合、可能な限り高値で買い取ってもらいたいのであれば、すべてのジャンルに精通している業者が最適となりますが、大抵の骨董品買取り店では得意にしているジャンルとそうでない分野があるため、多種多様な骨董品の買取り依頼をしたい人にとっては業者選びの段階で困惑してしまいかねません。

その点オールジャンル対応の骨董品買取り店であれば、どんな種類の骨董品でも適正な査定を受けることが可能で、迷うことなく選択できます。

安心して依頼できるオールジャンルの骨董品買取り店

骨董品を業者に買い取ってもらう場合、その品物が持っている真価を本当に見極めてもらうことができるかどうかが重要なポイントになってきます。

骨董品を集めていた本人が亡くなり、遺族が遺品整理を行いながら売却を考えている場合には、本来の価値を知っていた持ち主が故人になってしまったことで、遺族は鑑定士を信頼して査定を受け、提示された査定額が適正価格であると信じて受け入れるしかなくなります。

導き出された査定額に納得した上で、実際に売却するかどうかは売り手次第になりますが、目安となる金額がわかることで、ほかの買取り店からの査定も受ける場合に参考にすることができます。

買取り店を決めるにあたっては、骨董品の数が多ければ多いほど自宅や倉庫・蔵などの保管場所に業者が来訪して査定を行う出張査定が最適となります。

査定を受けた結果を比較検討した上で、最終的な売却先を決めて行くことになりますが、多種多様なジャンルにわたって何点もの骨董品がある場合には、まずはオールジャンルに対応している買取り業者に査定を依頼しておくほうが得策です。

あらゆるジャンルの骨董品の査定額を一通り知ることができ、ほかの業者の査定を受ける場合にも目安となる価格がわかっているほうが、最終的な売却先の比較検討がしやすくなります。

査定を受ける前に注意点を質問するなど、骨董品に関して相談したいことがある場合も、オールジャンルに対応している業者のほうが、多方面からの詳細な回答が得られます。

骨董品のジャンルがわからない場合にも最適

査定を依頼したい骨董品の数が多く、ジャンルも多種多様という場合にぜひとも選びたいのは、オールジャンルの骨董品買取りを得意にしている業者です。

オールジャンル対応と掲げている骨董品買取り店では、得意分野がそれぞれ違う鑑定士が一通り在籍していることから、自分が売りたい骨董品の鑑定が得意な鑑定士が必ず存在しているという利点があります。

遺品整理などで故人が大切にしていた骨董品を売却したい場合、遺族に骨董品の知識がなければ、出張査定を依頼するにあたってもどのジャンルに属する品物なのか見当もつかないこともあります。

日本製の洋風家具だと考えていたら真にヨーロッパから輸入されたアンティーク家具だったという場合にも、オールジャンル対応の買取り店であれば、その道に詳しい鑑定のプロが正しい査定額を導き出します。

骨董品の場合はブランド物の買取りと違って、査定額を少しでも上げようと念入りに磨き上げてしまったことで価値を下げることもあり、どの程度触って良いのかなど事前に業者から一通り説明してもらっておくほうが安心で、その際にもジャンルごとに違う適切なアドバイスを受けることが可能となります。

蔵や倉庫などにどんなジャンルの骨董品が眠っているのか遺族には把握しきれていないといった遺品整理の場合は特に、オールジャンル対応の骨董品買取り店への依頼が向いています。

現在ではスマートフォンで撮った写真による鑑定を行っている業者もあり、自分に合った査定方法で依頼することも可能です。

サイト内検索
記事一覧