骨董品を高く売るコツとは?高値買取業者の比較ランキング

骨董品の買取でチェックされているポイント

家の物置にしまい込まれて長い間放置されている骨董品はありませんか。そのような場合はプロの業者に査定を依頼し現金化をすることがおすすめです。しかし、骨董品買取業者に少しでも高額の買取をしてもらうためには押さえておきたいチェックポイントがあります。 納得のいく買取をしてもらうために査定のポイントについて紹介していきます。

作品の希少価値と需要

骨董品買取で重要な査定ポイントとして1つ目は「作品の希少価値と需要」です。「希少価値」のある骨董品は高額での買取を期待できる可能性が高く、その「希少性」を判断する材料として「作者」「いつの時代に作られているか」「どれくらいの生産数があるか」という3つの要素が重要になってきます。

例えば、著名な作者の作品の場合は高額での買取が期待できますが、市場に流通している数が多ければ多いほど、その希少性は低いと判断されて買取額にも影響が出てしまいます。しかし有名な作者ではなかったり作者不明の作品だったとしても、歴史的な古さを価値として評価される場合は高額での買取が期待できることもあります。

特に明治時代以前の作品は高額で買取される傾向にあります。骨董品買取で人気が高く、高額の買取が期待できる品物はカメラや時計などの日用品、ツボや絵画などの美術品です。「古くて珍しい」ものであるか、「歴史的な価値」が認められるかが骨董品そのものの「希少価値」を判断する基準となっています。

また希少価値だけでなくブームによる「需要」の高さからも買取価格が上がることもあります。需要と供給のバランスによって骨董品の査定相場も変動するので、どのような作家に注目が集まっているのか、どのような骨董品の需要が高まっているのか流行をチェックして査定を依頼するタイミングを見極めるのも重要です。

作品の状態について

骨董品買取で重要な査定ポイントとして2つ目は「状態」です。もし、お持ちの骨董品が未使用・未開封の新品であれば高い金額で買取が期待できますので、開封をせずにそのまま査定に持ち込むことがおすすめです。

骨董品そのものだけでなく、箱や袋などに価値がある場合も多く、素人が開封してしまうことで綺麗に包まれていた箱や付属品を破損してしまったり、繊細に作られている骨董品そのものの価値を下げてしまう可能性もあるためです。

とはいえ骨董品の多くは中古品です。汚れや破損のない骨董品は確かに高い金額での買取が期待できますが、汚れや破損している骨董品もそのままの状態で査定に出すことがおすすめです。 素人が間違った修復や手入れをしてしまうことでさらに状態が悪くなってしまうことがあります。

確かに汚れや傷・欠けがあると査定額に響いてしまいますが、プロの鑑定士には金継ぎなどの履歴もすぐに見分けることができるので修復をして傷を隠したとしてもすぐにわかってしまいます。どうしても手入れをしたい場合は、軽くホコリを落とす程度のお手入れのみにとどめましょう。

新品・中古品に限らず箱や袋などの付属品はすべて骨董品と一緒に査定に持ち込むことがおすすめです。 持ち込む際にわからないことがある場合は、素人の考えで判断をせずにプロの判断に任せることがより適正な査定をしてもらうポイントです。

信頼できる骨董品買取業者に依頼する

骨董品買取のポイントとして3つ目は「実績があり、正しく骨董品の価値を鑑定できる買取業者に依頼すること」です。骨董品を買取してもらうだけであれば、現在は個人間でもインターネットのオークションサイトやフリマアプリなどでやり取りをすることも可能です。

しかしこういったやり取りでは骨董品の価値を正しく評価されることは難しく、実際の価値とは異なる金額を提示されてしまうケースもあります。適正な価格で買取されるためには、買取実績がある店舗や信頼できる業者に依頼して正しい鑑定のもと買取をしてもらうことがおすすめです。

また、依頼主様が骨董品に対する知識がないことでお手持ちの骨董品の価値を正しく判断できずに低価格で売ってしまうというケースもあります。そのような事態を避けるためにも、複数の骨董品買取業者に査定を依頼し、査定のポイントや金額を比較をした上で納得のできる業者に買取をしてもらうことがおすすめです。

査定の方法も多様化されており、持ち込み査定や出張査定のほかにもメール査定・LINE査定などのオンラインでの査定サービスを行っている業者もあります。手放す気はないけれどまずは骨董品の価値を知りたいという方や、業者に持ち込んで査定をしてもらうには敷居が高いと感じる方でも手軽に鑑定を依頼できるオンラインの査定から利用してみるのもおすすめです。

 

お手持ちの骨董品がどれくらいの価値があるものなのか、気になったらまずは骨董品買取業者に査定に出してみましょう。 価値のある骨董品を使わないままに眠らせておくよりも、適正な方法で査定をしてもらい納得のいく方法で買取をしてもらうことがおすすめです。

サイト内検索
記事一覧