骨董品を高く売るコツとは?高値買取業者の比較ランキング

骨董品として着物を買取に出す際のポイント

骨董品として着物を買取に出す際のポイント

 

呉服店で購入した高価な着物や、代々受け継がれてきた伝統のある着物は価値があります。
しかし、着用する機会が減ってきていたり、事情によって手放したいと考える方もいるでしょう。
ここでは、高価な骨董品扱いとなる着物を業者に買取依頼する場合に、後悔せずにすむ方法を考えてみたいと思います。

 

骨董品扱いの着物を処分する際に気になることとは

相続や生前贈与で、祖母や母親から着物を譲り受けたような場合を考えてみましょう。
対象となる着物が大量であったり、中には骨董品扱いとなる高価なものが含まれていることもあります。
しかし、せっかく良いものであっても、着ることがほとんどなかったり、価値が分からないといった方も少なくありません。
そこで、着物の処分に困って、リサイクルショップや着物買取業者に持ち込む方もいますが、適正な鑑定をしてくれるのか不安になるかもしれません。

着物買取をするために査定依頼を出しても、二束三文の評価となっては悲しいですし、知識がないと相場価格に照らして、適正な評価となっているかも判断できません。
したがって、適正な評価をしてくれる買取業者を利用することや、相場価格を知ることが大切です。

また、手持ちの着物に本当に価値があるものなのか知りたい方のために、買取業者が査定の際に重視するポイントが、どんなところにあるのかもみていきましょう。

 

着物買取を業者に依頼する前に知っておきたいこと

着物買取業者を利用するにしても、ちゃんと査定してもらえるのか不安です。
実際のところリサイクル業界では、着物は換金性が高くないアイテムと考えられており、多くの場合に買取価格に期待を持つことはできません。
そのため、処分せずに保管し続けたり、ゆかりのある人へ譲るなどの方法が得策と判断される場合もあります。

しかし、業者によっては骨董品扱いとなるような着物を、しっかりと査定してくれところもあります。
したがって、高価な着物の処分を検討している方は、優良な買取業者を選定することが必要となります。

 

〇実力のある鑑定士が在籍しているか確認しよう
そこで、知っておいて欲しい業者選びの一つのポイントは、実力のある鑑定士が在籍していることです。
本当に着物の価値を適正に査定するためには、骨董価値を判断できる知識や経験が必要となるからです。

また、買取依頼をする側も、全く知識がない状態ですと、査定結果が相場に照らして適正なのかも判断できませんので、評価されるポイントをあらかじめ知っておくと好都合です。

 

着物の買取相場の価格を知りたい

買取査定をしてもらっても、それが高いのか安いのか判断ができなければ困ります。
特に骨董価値が認められない着物は、500円~1000円程度となりますが、素材が良いものは数千円となる場合もあります。

汚れなど状態が良くないものは、大量にあっても一括で1000円程度の評価となるケースが多いので、査定額に過大な期待を持つことはできません。
骨董価値として特記すべきポイントがない場合は、リサイクルショップや着物買取業者に持ち込んで一括査定をしてもらうと手間がかかりません。

なお、普段使いよりもフォーマルなシーンで使えるタイプが好まれる傾向があります。
また、正絹素材であれば、一般の着物よりも高く評価され数千円の買取価格が期待できます。
有名ブランドや骨董品価値として特記すべき事項があれば、数万円単位の査定額となるケースもあります。
一般の相場よりも価値があると思われる着物については、その価値を正しく評価してくれる業者を選定することが大切です。

買取査定で業者が重視するポイントとは

着物の種類や状態によって、査定価格が異なってきます。

 

〇汚れがあるもの
汚れがある場合は、着用としてリサイクルが難しくなりますので査定額がより低くなる可能性があります。
素材を別用途に使う、いわゆるツブシの価値として評価されるからです。

〇高く評価されるもの

重要無形文化財であったり、人間国宝など有名な作家が手がけた品物は高く評価されます。
有名ブランド(大島紬や牛首紬、結城紬など)も、高価な査定額が期待できます。
さらに、査定額が高くなる条件に、証紙や落款がついていることがあげられます。
製造番号や品質保証書などが確認できることで、商品価値が上がるからです。
反物の製造メーカー、産地製造番号が端っこに見つけられると高評価となります。

 

以上のように骨董品価値のある着物の査定には、みるべきポイントがたくさんあり、幅広い知識が必要になります。
リサイクルショップなどでは、正しく評価されない場合がありますので、着物の専門家である鑑定士が、査定をする業者を選ぶことが重要であることが再確認できます。

買取業者を選定する際の注意点とは

鑑定士のいるメジャーな業者の利用がおすすめです。
テレビなどで頻繁に目にするような大手の業者であれば、トラブルも少ないと考えられるからです。

 

〇出張査定の場合

最寄りの出張査定などでは、押し買いのトラブルもあり業者の信頼性がとても大切になります。
特に価値のある着物について、出張買取を検討する場合においては、大手の業者を選択することをお勧めします。
信頼できる業者であれば、その場で価格交渉をすることもできますし、強引な押し買いをされることもなく安心です。

 

大島紬などの有名ブランドの査定は、業者によってバラツキがありますので、着物の鑑定ができる業者を選ぶことが大切です。
時間をかけても良いのであれば、複数の業者に査定依頼を出す相見積もりを実施して、最も高額の価格で売却する方法を採用することもできます。

 

骨董品価値のある着物の買取ポイントまとめ

相続などで受け継いだ着物の処分に困っている方のために、着物買取業者の利用に関して参考となる情報をみてきました。
特に骨董品扱いされる高価な着物は、その価値をしっかりと査定してくれる業者を選定することが大切です。
また、業者が査定の際にみるのは、状態が良いことや有名ブランドなどがポイントなります。
証紙や落款がついているとより良いこともお伝えしました。
骨董価値の査定は業者によってもバラツキがありますので、時間はかかりますが相見積もりなどで検討するもの有効な方法です。

サイト内検索
骨董品買取業者ランキング
本郷美術骨董館
思文閣
アート買取協会
茶道具みやした
八光堂
記事一覧