骨董品を高く売るコツとは?高値買取業者の比較ランキング

骨董品とは?該当する品物の種類

骨董品とは?該当する品物の種類骨董品というフレーズは誰もが効いたことがあるかと思います。
骨董品とは希少価値のある古美術品や小道具のことを言います。
アンティークという言葉の方がなじみがあるかもしれません。
これらの中には歴史的価値のあるものもあり、美術館で展示されたりコレクターの手元で大切に保管されているものもあります。
骨董品は作者が一つ一つ手作業で作っていることから、世界に1つしかその商品はありません。
そのため、中には値段も付けられないような価値のあるものもあります。
一口に骨董品といっても、陶器や掛け軸に彫り物などその種類も沢山あります。
では、今出回っている骨董品の種類を見てみましょう。

代表的な骨董品の種類

〇絵画

まず知らない人は居ない絵画です。
日本画に洋画などがこの絵画にあてはまります。
詩人として有名な松尾芭蕉が日本画を書いていたと言われており、大変価値があります。
他にも有名な日本画家の作家やピカソやゴッホなどの有名な洋画の画家の作品も大変価値があります。
ただし贋作が出回っている確率も非常に高く、贋作の場合は価値もほとんどありません。
ですが、本人の作品であれば非常に貴重なものの為、相当な高値で買い取り交渉をする事が可能です。

 

〇茶道具

次に茶道具です。
茶道具とは抹茶を立てるときに使用する道具で、水差しに茶筅や茶杓など茶道具一式です。
この茶道具を鑑定する専門家は少ない為、限られた人の鑑定になりますが茶道具の中には数千万円もするほどの価値の高いものも存在します。
特に茶碗は焼く時の窯の温度や置かれた場所によって同じ人の作品でも二つとして同じものは作ることはできません。
贋作も存在しますが、有名な作家さん作った本物の茶碗や皿、徳利に箸や花瓶は買取額が非常に高いうえ、需要も高いです。

 

〇彫刻品

3つ目は彫刻品です。
彫刻品とは像牙で出来た工芸品もしくは彫刻が施された美術品の事を指します。
主に観賞用として作られたもので、骨董品の買取世界でも象牙商品は需要が高くコレクターも存在するほどです。
自然素材で同じ象牙はないことから高値で取引されている理由にも上げられます。
特にこの象牙を使ったアンティーク小物は、若い人からも非常に人気があります。
大きさによっても値段が違いますので、小ぶりの物であれば手が届く価格で象牙商品を購入することも出来ます。

 

〇アンティーク品

4つ目はアンティーク品です。
海外や国内で作られた家具で、製造から100年を有する者はアンティークという名称がつけられます。
通常市販で売られている家具は、100年どころか早ければ数年で使用できない状態になる事もあります。
ところが、アンティーク家具とは職人が一つ一つ手作業で作っているため、100年たっても使用することが出来ます。

特に木彫りのいすやソファーは1本の木から彫って作られており、木目も同じものはこの世に1つしかありません。
使い込めば使う程味が出てくるため、代々受け継いで使用する家具にも適しています。
アンティーク家具も人気のブランドがあり、そのブランドの商品は非常に人気が高く、世界中でアンティーク家具は注目されています。

 

◆日本の骨董品

この4つが骨董品に該当する商品です。
アンティークと聞くと外国人の作品ばかりをイメージしてしまう人も居ますが、松尾芭蕉や葛飾北斎など日本の有名な作家さんも沢山います。
コレクターの中には日本の骨董品に注目している方もいます。
独特のタッチや自然にあるものから作られた色を使って描かれた日本画は非常に人気があります。
また茶道は日本にしかない独自の文化です。
以前はどの家庭にも茶道具はありましたが、時代の流れとともに今の時代ではほとんど持っている家庭は居ないでしょう。
しかし、この茶道具も有名な作家さんの作品は海外でも注目され、オークションでも取引されており、中には家一軒が建つほどの高値で取引をされている商品もあります。

 

骨董品は味があることで人気があります

骨董品は作者の手によって一つ一つ手作業で作られています。
そのため、機械で作った商品よりも製作期間に時間を要します。
その分、丈夫で長持ちします。
木や革製品になると使えば使う程味が出てくるため、若いコレクターの中でもこの2つは非常に人気があります。

コレクターの中には代々その骨董品を受け継いで大切にしている人もいます。
木彫りの椅子やソファーは丈夫で100年経っても使い続けることが出来ます。
使う程味も出るため、アンティーク雑貨は骨董品の種類の中でも今特に人気の高い商品です。

骨董品はお店で購入出来たり、今はネットオークションでも簡単に取引をすることも出来ます。
また、会員制のオークションもあり、ここでは希少価値の高い骨董品が出品されるため、商品によっては喉から手が出る程欲しい商品もあるでしょう。
機械で作られた商品と違い、同じ商品でも雰囲気は異なるため、そこが味があって面白いという人もいます。
あなたも街で骨董品を見かけたら、そのデザインの違いや味のある雰囲気を楽しんでみてください。

サイト内検索
骨董品買取業者ランキング
本郷美術骨董館
思文閣
アート買取協会
茶道具みやした
八光堂
記事一覧