骨董品を高く売るコツとは?高値買取業者の比較ランキング

骨董品の絵画には様々な種類がある?

アンティークから現代アートまで、骨董品買取を謳う業者や店舗も数多くあります。

自宅に眠っている、あるいは飾ってある絵があるのなら、その作品・作家・種類によっては高額買取に繋がる可能性も大いにあるようです。

 

若者からは現代アートが人気取りしている

創業より130万件以上の鑑定実績を誇る専門業者がいる中、骨董品買取における種類の多さは、私たち消費者の知る情報より遙かに多いでしょう。

骨董品買取では、掛け軸・陶器・茶道具・切手・アンティーク品などまで、あらゆる種類があり、実にバリエーション豊かです。

名の通りに絵画や美術品に特に強みを持つ骨董品・美術品買取業者を選ぶことにより、作家や作品の価値をしっかり見出してくれるため、納得できる金額で手放すことが可能でしょう。

精通した鑑定士による鑑定・査定もカギを握ります。

創業以来、絵画の買取に強みを持ってきたところでは、法人・企業・公官庁、加えて同業者からの問い合わせもあるほどで、年間3万件超えする実績もあります。

取り扱っている作家数も国内外で1200人超えするなど、業界随一を誇るために、鑑定歴、鑑定件数、取り扱い品目を比較しても、十分に骨董品の価値を鑑定してもらえるところではないでしょうか。

また、高く買取してもらえるかどうかは、取り扱い品目にもよります。

ここで注目すべきは、骨董品の絵画にはどれだけの種類があるのかという点です。

絵画の種類には、大きく分けると、日本画と洋画があります。

細かく紹介するならば、油彩画や水彩画、水墨画やパステル画、版画やデッサンなどまで、種類もバリエーション豊かです。

今や、人気を集めるのは古い作品となるようなアンティーク品より、現代アートともいわれています。

若い世代にはSNSの映えるというキーワードからも、現代アート作品が人気化し骨董店などを巡り、手に入れることもあるようです。

素材も違えば表現も違い、絵具や支持体などの素材は技法とともに、絵画表現と密接に関連するといいます。

様々な素材やコラージュを取り入れた平面作品もあれば、様々な素材を取り入れた作品までがあるからこそ売れるのです。

 

日本画や版画も絵として捉えられる作品

中でも日本の絵画は、東洋画の伝統を受け継ぎながら、独自の表現世界を築き上げ、さらなる創造性を高めているともいいます。

日本画の特徴を挙げるのならば、描画材としての岩絵具・箔・墨、支持体としての和紙・板・漆喰など、素材や材料と密接に結びつくところではないでしょうか。

鉛筆と筆によるデッサン、風景を描いたものから、人物までが描かれています。

骨董品を扱うところでならば、絵巻物や障壁画などを模写・描写したものまで査定してくれることさえあります。

また、日本画のみならず、版画もあります。

版を媒介にイメージを展開、それを紙へと定着していく美術作品の種類に分類されています。

このように様々な種類があるために、骨董品買取業者の鑑定士には、美術鑑定士の資格に位置づける称号が必要になります。

また、消費者の多くは、残しておけばおくだけ価値が上がるのではないのか勘ぐりたくなりますが、作家を知る人が少なくなるため需要も減るようです。

査定に出す時期による値動きはあまりありません。

高値はコレクターがつけるもの、年代が新しくとも欲しい人は高値をつけます。

 

知識が豊富な業者にて査定してもらおう

有名、本人のものならば高価買取になりますが、模写することも不可能ではないために、偽物も少なくはありません。

骨董品買取に出す時には、真贋、騙される、査定や鑑定を依頼すれば断ることさえムリなのではないのか、という勝手なイメージも根強いようです。

もちろん、オークションに出品したり、画廊に持ち込むなどの選択肢もありますが、それぞれメリットやデメリットがあることを念頭に入れましょう。

特に、画廊は専門性が高く相場も理解しています。

ただし、日本画と洋画、油絵などの種類によって得意分野が異なり、査定に偏りが出る場合もあるようですし、買取自体を行っていない画廊が大半でしょう。

コレクターが探している作品を持ち込むのであれば、相場より高く買取することもあるかもしれません。

一番は、美術品を専門にしているところでしょうし、そうしたところは専門知識があります。

価値も偽物さえも見抜けることができます。

ちなみに、美術館や同業者、個人にまで販売ルートが幅広いようで、高値で買取してくれるようです。

本店・支店が全国に展開されている、顔の見える交渉ができることもポイントで、どの支店に依頼しても同じ作品に同じ価値がつくのか、この点も念頭に見積もり依頼してみましょう。

人気のある作家の作品は価値が高い、これは市場原理で、その時期によって需要の高い・低い作家も存在するのは致し方ないものです。

市場で人気がある作家のものなのか確認するのも一法です。

また、アンティーク品であっても、埃やシミだらけでは価値が下がります。

保管場所は、日焼けをしない暗室がポイントです。

 

骨董品の買取サービスを活用するにしても、それが絵画であるにしても、専門店を活用したいものです。

絵と一口にいっても、油絵から水彩、日本画から洋画、種類も様々にあるので、取り扱い品目に該当するのかを見極めてから査定に出しましょう。

 

サイト内検索
記事一覧